【ムジナ街道】

埼玉県狭山市にまつわるお話です。

雑木林が生い茂ったところで、昼間でも暗く、人通りの少ない道を歩いていると、慣れている道なのにわからなくなり、林の中をぐるぐると歩き回ってしまいます。

古老は、「ムジナ(たぬき)が人を化かした」といって、この道を「ムジナけえどう」と呼ぶようになりました。

人が変化した妖怪・不思議な話
さいたまの妖怪「ムジナ街道」