【武甲山の山姥】

横瀬町あたりに残る伝説です。

武甲山に住む山姥は村人を苦しめていましたが、行基菩薩は武甲山に登り、祈願すると、山姥の神通力がなくなってしまいました。

行基菩薩が山姥を松の木に藤のつるでしばりつけたところ、山姥が「松藤絶えろ」と怒鳴ったため、武甲山には松と藤がなくなったといわれています。

さいたまの妖怪「武甲山の山姥」
さいたまの妖怪「武甲山の山姥」