【ミコシ入道】

埼玉県入間市あたりに残る伝説です。

木蓮寺の瑞泉院の高僧が夜遅く、飯能の方から帰ってくる途中、女の子に会いました。

その後、反対側から歩いてきた小僧と女の子の話をしていると、女の子が、突然見上げるほど大きな大入道になって高僧を見下ろしました。

この大入道は、タヌキが化けたものだともいわれています。

子どもが変化した妖怪・不思議な話
さいたまの妖怪「ミコシ入道」